ブログネタ
鉄道[電車・気動車・車窓風景・駅] に参加中!
ということで今回の埼玉・花園出張帰り、熊谷から200系に乗りました。

乗った時点での投稿では狙い通りと書いていましたが
実はあれっ?って思ったのは朝、東京駅に向かう電車の中でして(汗)
何気なく乗換案内見てたら列車表記が「とき」だったので
もしやと思っていたらそのもしやでした。

まあでも結果乗れたわけですのでよかった。

さて乗った感想ですが

99年の東海道末期の0系、そして2007年の沢登引退試合時の300系

これと同様のことを感じました。
やっぱもう厳しいのかな・・・・・

どうしてももっさり感が感じられてしまいました。

少なくとも乗っている限りはあの子供のころの新幹線に乗る感覚が
車両のところどころに感じられて懐かしくてうれしかったんですが
慣れって言うものは恐ろしいもので何か物足りなさを感じてしまいました。
鹿児島ですらしようと思えば日帰りで行ける時代となっては
もうどうしようもないのかもしれませんな。

さておそらくかなりの確率で表題のとおり自分が団子鼻の新幹線に
乗るのはこれが最後となると思われます。

でも子供のころから団子鼻の新幹線に夢をもらってきたのは確かですし
これからもそのスピリッツは子供に伝えていきたいです。

いままで本当にありがとう
国鉄型団子鼻新幹線最高!