ブログネタ
日本代表 に参加中!
正直、まさかの勝利だった先日のラグビ−日本代表

ただ何故勝ったのか、少し検証してみたら案外明確なものが見えた。
今日はそれをちょっと書いてみます。

’1回は海外遠征

ここ数年の試合結果を見てあることに気付いた。
必ず秋に欧州遠征をしているのだ。
しかも相手は代表に限らず州代表やクラブチームや各国のリーグ選抜など
多岐に渡る。
まずこれでアウェーでの経験は積まれる。

⊂し上のレベル相手との公式戦。

これはかれこれ20年近く前からあるんだけどフィジーやアメリカ、トンガなど
上のレベルの相手との公式戦が毎年必ずある。
もちろんアウェー込み。
やはりタイトルをかけてこのレベルの試合を定期的に行えば経験は積まれる。

9馥發凌徳瓜邱腓發修譴覆蠅料蠎蠅

この4年の来日した親善試合の相手
オールブラックス、フレンチバーバリアンズ、マオリオールブラックス、ウェールズ、イタリア
こちらもよく見るとフレンチバーバリアンズ、マオリオールブラックスと国代表じゃないチーム
とも試合している。
(しかもウェールズとイタリアには勝っている。)
相手が半分観光でも代表に限らずこのレベルとやっていりゃ強くなる。

ぢ緝衆奮阿發修譴覆蠅龍化

代表以外もそれなりに試合や遠征をしている。
ニュージーランド学生選抜とは毎年のように双方どちらかで関東代表や学生代表が
試合をしているしジュニアジャパンなるチームがパシフィックネーションズで来日していた
トンガと試合していたこともある。

ス馥皀蝓璽阿飽賣の外国人選手が来る。

よーく見ていると結構なレベルの外国人が日本の企業チームにいる。
日本の企業に属しているという安心感があるかららしい。
(だいたいサッカーで言うバロンドールレベルのシェーン・ウィリアムズが
2部のボアーズに去年までいたわけだしw)
そりゃ普段からそれなりのレベルの人のプレーを見ていればうまくなる。

とりあえず5つの項目を挙げてみましたがまあそういうことです。
ラグビーはサントリー、NEC、東芝、パナソニック、トヨタなど国内の超がつく一流企業が
出資しているのもありますがブームが終わった90年代よりも収入は減少しているだろうし
でもこれだけのことはやってきた結果が今回出た訳です。

これは他のスポーツも見習うべき。
(特に国内で集金目的の代表戦乱発してるどこかのスポーツ。お前だよw)
まあ野球みたいに国内の試合がびっちりだとなかなか難しいかもしれませんが
いろんなスポーツで今回の南アフリカ戦みたいな歓喜ができれば
国全体が元気になると思うし。

まあ一個人のつたない意見ですが。よろしくお願いいたします。