まあ、「勝利の歌を歌おう」時代からここを見ている人には
2002年に書いたことの焼き直しに近いことになるんだろうけど
今だから敢えて書きます。

16日の日米大学野球を皮切りに12月15日の女子ハンドボール世界選手権まで5カ月間、いよいよ日本国内における国際試合および代表戦ラッシュが始まります。

みなさん、ラグビーワールドカップやオリンピック。チケットが取れないとお悩みじゃないでしょうか?

だからこそ、この機会をお薦めします。どこかで行われる国際試合や代表戦で行けそうな試合を見に行くのです。
実際、本番ほどじゃないですがどの競技でも国際試合や代表戦の空気を十分味わえます。
数年前、水球の日本対ブラジルを国際プールで見ましたがそれほどメジャーじゃないスポーツでも素晴らしい空気でした。

とにかく善は急げです。どこで何が開催されるかはぴあやe+などのチケットサイトで調べればたくさん出てきます。

それで楽しいと思ったら今度は国内の試合。時期的に高校サッカー、大学ラグビー、ラグビートップリーグなどメジャーなこの辺りを手始めに。
どんどん現地観戦の楽しさにはまりますよ。
もちろん大事なのはこちら。そうやって子供たちの輝ける未来を作っていこうじゃないですか。